新日鉄君津製鐵所見学会は終了しました。

2008年6月18日 12時04分 | カテゴリー: トピックス

 今年秋から東京全体のごみ収集が大きく変わります。
 中野区では、区内の一部モデル地域で行われているプラスチックの分別収集、資源化が、10月から全区的に展開されます。
 私たちが手間をかけた容器プラがどのように資源化されるのか見に行こうと、中野ネットで見学会を計画しました。

 私たちが、プラマークのついた容器包装材を洗ってまとめ、ごみ集積所に置くと、中野区の収集車がこれを中間処理施設に持ち込みます。
 そこで手作業で分別され、資源化されるものは梱包され、他は焼却廃棄されます。(ここまでは中野区の仕事)
 一方、梱包されたものは「日本容器包装リサイクル協会」のルートに乗って、今年度は新日鉄君津製鐵所(千葉県)に送られます。

 中野区の容器包装プラスチックはどう資源化されるのか?一緒に見に行きませんか!!

○募集人数:18名(限定)
○日  時:5月19日(月)8時
○集合場所:東京駅八重洲中央口改札外集合 
○経  路:高速バス2番乗り場から、アクアラインを経由して行きます。
○解  散:木更津駅で解散します。
○交通費 :高速バス往路1400円。復路は別途。

参加希望の方は中野ネットまでお問い合わせください。
中野ネット:TEL/FAX 3389−2488