チメロサールのこと(ワクチン保存剤、水銀化合物)

2008年3月10日 13時41分 | カテゴリー: トピックス

中野ネットのHPに次のようなメールがきました
———————————————————–
 米国政府がワクチンの水銀で自閉症になると認めた。

 全米自閉症協会の発表によると連邦裁判所は、退行タイプの自閉症につき、ワクチンのチメロサールで自閉症になると判断し子供たちに有利な判決を下した。世界で初めて公的機関が、水銀で、自閉症になる事を認めました。

 水俣病の時もそうでしたが、熊本大学医学部が昭和34年に原因は水銀と断定しましたが、国が、認めたのは、9年後の昭和43年でした。その間の 9 年間は、何十人の研究者、専門家と称する人たちが、原因は、水銀では、ないと言い続けていました。

 とにかくこれで、この事が、広く認識され自閉症の発症率が、下がることを祈る限りです。
———————————————————–

 私はインフルエンザや3種混合ワクチンに防腐剤として水銀(チメロサール)が使われていることを初めて知りました。

 そこで中野区中部保健福祉センターに確認した所、微量ですが使用されていることがわかりました。

 今のところ日本では身体に悪影響が出た症例は認められていないそうですが、薬品会社では代替の防腐剤を探し、改善する傾向です。ワクチンを国内で生産しているのは5社。そのうち大手の北里薬品産業株式会社は3種混合ワクチンには使用せず、武田製薬は使用を止めたそうです。
 保健所では、問い合わせがあった場合は「接種する時には、医療機関にどこのワクチンか確認してから受けるように勧めています。」とのこと。積極的に広報するまでには至ってないようです。

 微量であっても幼児が接種することが多いワクチンです。うちの娘たちも卵アレルギーや、ひきつけを起こすなど予防接種のタイミングが合わず、2女などは海外留学した高校生になって2種混合やポリオを接種した経緯があります。最近のはしかの集団感染もある中、日本の予防接種の現状なども調査していきます。

大橋美紀