東京・生活者ネットワークでは、この秋学習支援の調査を東京全体で行った。

2015年12月26日 08時10分 | カテゴリー: トピックス

中野区では、生活困窮者自立支援法の成立を受けて2015年5月から、「学習支援」に予算(約1700万円、国と区が半々)が付き、小学生は中野区社会福祉協議会が区内5か所の施設で105人を第1,2,3土曜日の10時~12時に、中学生は40人を中部すこやか福祉センターの会議室で中野区健康福祉部が毎週水、金18時半~20時半に無料塾を開催している。(就学援助の対象者に通知して募集)
 他の無料塾に、「よもぎ塾」、キッズドア主催の「みらい塾」と社会福祉協議会のまちなかサロン「ゆう・友・YOU」がある。