今年も梅にウグイスが

2009年2月24日 13時15分 | カテゴリー: トピックス

上高田4丁目都営住宅の緑地保全のおかげかもしれません

 昨日雨がそぼ降る中、上高田東高齢者会館の2階から窓の外を見ると台公園の白梅の樹に番いのウグイスが!
写真中央にうっすらと・・・見えますか?寒い時期はまだ鳴かないのか「ほーほけきょ」の声は聞けませんでしたが、嬉しい春の使者の訪れです。
 この地域には1ヘクタールに及ぶ東京都の都営住宅の敷地があります。木造平屋建ての住宅から高層住宅に次々生まれ変わり、来年度3棟目の増築が行なわれる予定です。地元の住民で作られた「上高田の緑を守る桑の実会」の活動と東京都の担当部局の協力で樹木の保存はかなり出来ました。しかしそこに生えていた植物や、28種類に及ぶと言われたチョウコウモリを始めとする野鳥の存在は減少の一途をたどっています。そんな中でのウグイスです。ああまだこの地にいてくれたんだと感慨一入です。

 その敷地内に「ちびっ子広場」があります。都営住宅の子どもたち用の遊び場として作られたものですがその任を終え、地域住民がサンクチュアリーとして管理している公園です。季節になるとアンズキウイ、リンゴが実り、犬の散歩コースにもなっています。最近ミャンマーの方が流れてきました。1月半ばまで派遣労働に従事していたが、派遣切りにあい・・・とのこと。
 一方、この新築都営住宅は別の都営住宅の建て替えに伴う移転先で、建て替えが決まらなければ引っ越してきません。多くの部屋があと何年かは空室のままということになりそうです。
 この部屋を一時的にも今住宅困窮者に提供できないものか、と働きかけている所です。
  みんなに 春よこい!